2018年 4月の成績 投資信託

[s_ad]

現在、積立投資をSBI証券でiDeCo(イデコ)積立と楽天証券でつみたてNISAで積み立てをしています。

長期での資産運用を考えているので、相場が良くても悪くても勝手に投資できるように自動積立にしています。これで暴落していても精神的に投資マインドが低くても積立ていくのでこのまましばらく放置して運用して見ようと思います。

4月は3月NYダウの歴史的な暴落から少し立ち直ってきた感じです。
しかし立ち直ったからといって特にする事はありません。正直少し退屈ですが証拠金取引(FX・CFD・信用取引)のように値段を気にする必要がありません。

退屈というのは手間が掛からないので長期投資を行う上で手間が掛からないのはメリットだと思います。空いた時間を仕事、趣味などに回せますし、私は他の投資をしているので丁度いい感じです。
10年、20年と長い期間の人生の中で忙しい時期があると思います。その忙しい時期で手間が掛かる投資では続かなくなる可能性がありので「色々忙しくて投資なんかできないよ」という人ほど投資信託はお勧めです。

投資信託の運用は色々考えた結果、先進国株式(米国)に比重を大きくして運用しています。
まだ積立てを開始したばかりなので大きな差はありませんが現在の設定でしばらく様子をみてみようと思います。

2018年 4月現在      3月現在 資産配分
国内株式 :36.29%       39.43%
先進国株式:51.66%       47.95%
新興国株式:12.04%       12.62%

今まで積立てていた投資信託のSBI資産設計オープン(資産成長型)とセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドはそのうち売却しようと考えているので資産合計から外すことにしました。

[table id=38/]

—-投資成績—-
2018年 月単資産合計推移
資産合計  購入価格
1月  +0円(0)
2月  ¥325,302円(¥303,024)
3月  ¥367,600円(¥360,698)
4月  ¥434,193円(¥416,532)
2018計 ¥17,661円
収支計 ¥17,661円

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる